レイの意味

2012年の海外旅行行き先でトップになったのは韓国ソウル。
しかし2013年になりハワイがトップに返り咲いたといわれます。
以前は新婚旅行や念願の海外で行く事の多かったハワイですが
今では少し遠いけどショッピングの為に、エステやスパの為に
または南国の雰囲気を感じにハワイへ行く方が増えたのです。

またハワイでは新婚旅行としても定番ですよね。
結婚式を挙げる芸能人も増えて、ハワイがより身近になったのかもしれません。

そして結婚式やツアー先で、花束の王冠やネックレスになった
「レイ」を皆さんご存知だと思います。
レイは「愛する人」という意味があり自分の子供や旦那や妻に
捧げる物でもあるのです。
もしハワイに行った際、レイをかけられた愛する人だと思われていると
考えていいでしょう。

レイの花は何かと言いますと、ハワイで有名なプルメリアや
蘭などが使われる事が多いのです。
鮮やかな色と綺麗にまとめられているレイは手間もかかり
生花を使った物は敬意を持たれている意味でもあるのです。

このようにハワイには一つ一つの物が物語のようで
ハワイに訪れた人を幸せな気分にしてくれる島でもあります。
まだハワイに行った事のないという方、ハワイが大好きという方も
ハワイについてたくさん調べてみましょう。

 

ハワイアンロミロミ

ハワイといえばロミロミと言われるほど、マッサージとして有名ですね。
ロミロミには古くからのハワイの歴史と伝統があります。

ハワイ語の「ロミ」という言葉には「押す」とか「揉む」といった意味があります。
もともとロミロミは医療行為として始まったものです。
古代ハワイアンには自然や大地に対する宗教的な信仰心があり、そのエネルギーを
豊穣や祭りごと、医療などに使ってきました。

そのエネルギーを使えるのは選ばれた者だけでした。
その中でも医療を行う者は患部に触れ、揉んだり押したり、温めた石を載せたりして
人々の健康を守る儀式を執り行うことを許されました。
神への祈りと感謝で包まれたハワイアンロミロミは、神聖な物としてハワイの人々に
大切にされてきたのです。

現在ではマッサージをする為の公式資格を取ったセラピストたちがロミロミを施せる
ようになったおかげで、たくさんの人たちがロミロミを受けられるようになりました。

ハワイアンエステは日本からの観光客にも大変人気のあるアクティビティです。